(日刊ゲンダイで毎週金曜日に連載中記事から)
 

投資のために報道を参考にする人が多いですが
報道は間違いが多いので鵜呑みにしてはいけません。

報道を鵜呑みにすると大衆心理になり、
投資でもビジネスでも災害でも損失となったり間違った行動の原因となるからです。

例えば、先日、米テスラ社の株が急落した時に新型コロナウイルスの影響だと報道されました。

ところが新型コロナウイルスの報道で米国株全部(ニューヨークダウ等)が暴落している最中に
テスラ社株は急騰していたのです。

そしてニョーヨークダウが急落後、一旦底を打って急反発して目先の天井まで上昇した時に
テスラ株は急落したのです。

つまり、テスラ株は新型コロナウイルスの影響を受けた株とは全く逆の動きをしていたのです。

テスラ株のチャートだけではなく、ニューヨークダウのチャートを合わせて見れば、
新型コロナウイルスが原因ではないことが明白です。

実際には、テスラ社は売りポジション、つまりテスラ株が下落すると見込んで
下落すると利益になるポジションを大量に持っていた投資家たちが、
株価上昇して踏み上げの買戻しが急騰の原因だと考えられ、
その上昇のピークから急落した時が、
ニューヨークダウの目先のピークだったということだと思います。

テスラ株の急落は新型コロナウイルスと無関係なのにそのように判断したわけですが、
これを「後付(あとづけ)」といいます。

後付とは、例えば株価が上昇したら、それらしい原因を上昇の原因とすることです。

相場は報道やファンダメンタル的材料を元に動いていないことが多く、
それらしき材料があっても、それが真の材料ではないことも多いのです。

また、ファンダメンタルだけではなく、チャート分析においても、
後から上昇の原因をチャートで解説するのも後付で、世の中の多くは後付の解説ばかりなのです。

事前に○○が原因で、今から上がる、というような報道はありませんし、
間違った後付の情報ばかり得ることで、大衆心理となり確信を持って間違えることになります。

報道は正しいものと信頼して受取る人が多いのですが、
新聞でもテレビでも投資に疎い記者・コメンテーターが多く、
またファンダメンタル的に正しくても相場は反対に動くことが多いものです。

従って、多くの人が投資では天井で買って底で売ることになります。

正しい情報を得ることと報道のどこが間違いかという視点で、常に自分の頭で考えることが大切です。
 

急上昇の「テスラ」株価が大幅下落 新型ウイルスの影響で NHK
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20200206/k10012274581000.html
 

テスラ株日足(上)とニューヨークダウ日足(下)
https://www.pro-fx.info/ef/200211-1.gif
 
 

日刊ゲンダイで毎週金曜日に連載中
 

日刊ゲンダイWEB版にも掲載
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3756
 
以上
 
 
本記事は「イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/
 
無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html