100年に一度の大きな金融危機といわれたリーマンショック後の金融危機は日本・EU・米国の中央銀行による金融緩和で立ち直ったと思われていますが、リーマンショック後の金融危機はまだ終わっておらず再燃する可能性が高いという認識です。

金融危機による金融機関・企業等のダメージを中央銀行が肩代わりしたことで一旦、危機から抜け出しました。

日銀は株価を上げるため日経225ETF(上場投信)を大量に買ったことで多くの一部上場企業の大株主になっている状態です。

これは企業の国営化であり資本主義から共産主義になっているようなものです。

また、日銀は買うことを禁止されている国債も買っていますが、持っている株や国債を売ると暴落するので売ることができません。

最終的に肩代わりして支えてきた中央銀行が立ち行かなくなりそうです。

現在、マイナス金利という異常事態が続いていますが金利が上昇開始すると景気対策がほとんど出来なくなるため政府は手が付けられなくなるからです。

中央銀行が今回のようなバブルを作ることは人類が体験したことがないので今後の予測が難しく、波動的にもバブルの最後の上昇は短期で終わるか比較的長く続くか分らないといわれています。

今まで金融危機が再燃しそうな局面を乗り越えてきましたが、どこかでバブル崩壊することになり、
その時はリーマンショック以上のダメージになる可能性が高いと判断しています。

いつ金融危機が再燃してもよいように株やドル/円は、長期は目先の天井で売りポジションを持つ、短期は押し目買いがよいと判断しています。
(勿論ストップロスは必須)

また、中央銀行の信任が無くなっていく時には、金(ゴールド)が上昇するので金はお勧めです。

すでに富裕層は株から金に資産をシフトしているようです。

金融危機再燃となると一旦金も下落するものの、真っ先に上昇すると判断しています。

また、リーマンショック以前から資産の半分は金で持つようにお勧めしてきましたが、すでに倍以上になっています。

激動はチャンスという認識が大切です。

恐れは大衆心理となり損失を生むので、投資で大事なことは「恐れない」「暴落で利益にする」です。

激動の時代は知恵を得て準備していた人に富が移動する時です。

激動で富を無くすのではなく富を増やす人になりましょう。

金融危機が再燃する時期は現時点ではよく分かりませんが明確になった時にはメルマガ等でお伝えしていきます。

日刊ゲンダイで毎週金曜日に連載中
 

日刊ゲンダイWEB版にも掲載
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3756

 

以上
 
 
本記事は「イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/
 
無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html