資産防衛・FX外国為替証拠金ブログ、奥が深いけど分かりやすい! 気軽にFXのスキルアップ
イーグルビューFX 外国為替証拠金取引ブログ
Home
無料メールマガジン登録はこちら
書籍情報


王様マインドと奴隷マインド
著者:松島修
サンマーク出版

最新の資産防衛術は聖書に隠されていた
最新の資産防衛術は聖書に隠されていた
著者:松島修
扶桑社 刊

FPnetサービス一覧
FPnetWORLD
おすすめFX会社・本
無料FXメルマガ・レポート
3分間FXブログ筆者
松島修
松島修 1960年東京生
資産のコンサルタント会社
エフピーネット株式会社
代表取締役

真の投資家とも呼ばれ、自ら、日本株・海外株・商品先物・国債先物・株式先物・日経225オプション取引・金(ゴールド)・金鉱山株・米国ナスダックダイレクトトレーディング、FX外国為替証拠金取引等
その時々に一番美味しい投資をしてきた実務家・実践家。

コンサル歴22年
エフピーネット株式会社18期目

CFPサーティファイドファイナンシャルプランナー
(FPの最高資格)保有
元CFP試験問題作成委員

1996年 日本のFPで最初のホームページ作成
www.fpnet.com
FXブログリンク集
2018年5月14日
dotline

ドル/円は110円の売り仕掛けポイント(短期・中期・長期)から下落。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180513-1.gif

売った人は売値下にストップ移動すると良いです。

引き続きドル/円の110円は仕掛けポイントです。

ストップロス必須

分かりやすい美味しいところだけ取引するのが投資の王道です。

□新興国破綻(アルゼンチン・トルコ)

現在、米国の金利上昇や、米国の減税により
新興国から米国に大きな投資資金が移動して
新興国通貨の危険な状態(新興国通貨下落)が加速しています。

アルゼンチン(アルゼンチンペソ)は、破綻しそうです。

アルゼンチン揺らす資金流出  日経
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO30433370S8A510C1EA1000/

「4月下旬から5月はじめにかけて、ペソはドルに対し10%ほど下がった。

この間に中銀は通貨防衛のため3度も利上げし政策金利を40%にした。

それでも相場は下げ止まらず、マクリ大統領は8日、IMFに融資枠の設定を求めたことを明らかにした。」


アルゼンチンペソ以外ではトルコリラの下落が目立ちます。

日本人の一般投資家は、ファイナンシャルリテラシーが低いことから
危険な新興国であっても高金利通貨が好きな人が多く
すでに、今までの下落でトルコリラで財産をとばしてしまった人も少なくないようです。

新イーグルフライでは「新興国通貨は取引しないこと」と
12年前のFX取引の黎明期から、ずっと警告していますが

4月29日のメルマガでは、トルコリラ/円が反発していたので
万一、「間違って持ってしまっている人のために逃げるチャンス」
と書きました。(○のタイミング)

トルコリラ/円日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180513-14.gif

その後、そこが目先のピークとなり急落し、安値更新してしまいました。

間違ったと思ったら即ロスカットが投資の基本です。

ちなみに、トルコリラ/円は、月足を見て分かるように
月足ボリンジャーバンドの-1σ(シグマ)以下にずっと(3年以上)位置しているので
そもそも長期に強い下落トレンドが継続している相場です。

トルコリラ/円月足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180513-15.gif

いくら金利が高くても、金利による利益より下落しているため、
実質的にはマイナス金利状態です。

本人はスワップ金利を得ていると思っていても
通貨の下落が、それを上回っていることから
実質的には一番嫌うスワップ金利を払っていることに相当するのです。

チャートの判断だけでも
長期に強い下落トレンドが継続している
トルコリラは長期投資に最も向かない通貨です。

レバレッジ1倍でも危険なハイリスク通貨です。

値ごろ感から買うのは危険です。

もし、ある日突然、国が破綻して通貨の価値がゼロになった場合
もともと流動性が低いので、ストップロスを入れていても
窓空けしてゼロとなりストップロスが利かず
強制ロスカットになる可能性があります。

(韓国もアジア通貨危機の時、朝起きたら国家破綻していました。)

そもそも、金利狙いの人はストップロスを置かないのでなおさらです。

新興国通貨の場合、国が公にしている価格とは違い、
FX会社で通貨の価格をゼロにする可能性もあります。

ベネズエラの通貨ボリバルの例では
公式レートと非公式レートの差が大きかったみたいですが
取引しようとすると公式レートの十分一とか当たり前の世界が
新興国通貨や、ジャンク債の世界です。

例えば、表示されているレートが100とした場合、
買おうとすると100ですが
売ろうとすると10ということが平気である世界なのです。

流動性が低いとはこういうことです。

そもそも、FXで新興国通貨がドル/円などと同じ感覚で取引できていることが
有り得ないことだと知ることが大切です。(ある意味画期的です)

FX会社で価格をゼロにしてしまうと
レバレッジ2倍であっても、元本が無くなっただけではなく
元本と同額の追証が発生することになります。

ベネズエラ通貨ボリバルがFXで取引できる会社があるか不明ですが
もし、FX取引ができてレバレッジ2倍で保有していたら、
突然、元本と同額の追証になっていたかもしれません。

つまり、最悪、証拠金がゼロになるだけでは済まず
借金だけが残ることになるわけで
たった一銘柄をレバレッジ2倍で持っていただけで破綻する可能性があります。

これは珍しいことではなく
過去、商品先物相場や株式市場でも、連続ストップ安となり
通常のロスカットができないのは勿論
強制ロスカットもされず多大な追証が残って
顧客が破綻したケースが多々あります。

FXでは、やはり新興国で高金利通貨である南アフリカランドが暴落して
破綻した人が続出したことは記憶に(比較的)新しいところです。

破綻というのは、元本が無くなるだけではなく
追証(追加証拠金)を求められるからです。

勿論、ドル・ユーロ・円はメジャー通貨のため流動性が高いので
土日を除けばストップロスも有効です。


現在、新興国が破綻する危険が上昇していく可能性が高そうなことと
それに加えてトルコは地政学的リスクも高くなっているので
(テロなどもあるので旅行等でトルコに行くことも危険です)
トルコリラで大きく損をする日本人はこれからも続きそうです。

少なくても長期下落トレンドは現在も継続中です。

間違ったと思っても、ずるずる引きずるのは奴隷マインド
間違ったと思ったら、すぐロスカットするのが王様マインドです。


想定外のことが多発するのが激動の時代の特徴なので
過去の経験を過信しないことが大切です。


新興国の破綻の気配があったり、
戦争リスクが高くなっているという悪材料が多い中で
米国株価は上昇傾向です。

米国株のバブルは、まだ続きそうですが、
このような悪材料を無視して上昇することが
バブル末期の特徴です。

短期では、ドル/円や株(ニューヨークダウ・日経225)の上昇についていくものの
目先の天井は売り仕掛け(短期・中期・長期)したいところです。


以上


本記事は、新イーグルフライ http://www.eagle-fly.com/mm/
から大幅に抜粋・編集した記事なので、連続していません。


■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

YouTubeLive同時配信
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/


2018年5月 7日
dotline

FOMCは相場に大きな影響はありませんでした。

現在、株やドル/円は、短期・中期的に目先の天井で売りポジションを持つことが基本戦略です。

ドル/円は売り仕掛けポイントである110円をつけ少し下げています。

110円は一旦反発(反落)しやすいポイントなので、仕掛けポイントとして良いと思います。


ニューヨークダウは日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)まで下げてきたので
現在、短期・中期の利益確定ポイントです。

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180503-5.gif


日経225は、仕掛けにくいですが、日足ボリンジャーバンドの+2σ(シグマ)が
売り仕掛けポイントです。

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180503-4.gif


新イーグルフライは、その時々に一番美味しい相場を取引することを意識していますが、現在、長期買いとして良いと思う対象は砂糖です。

砂糖 週足ボリンジャーバンド CFD
http://www.pro-fx.info/ef/pic180503-14.gif


現在、一般投資家が買いやすい相場です。

現水準を買って中期的な利益確定ポイント、もしくは半分利益確定するポイントは15ドルです。


CFDはFXと同じプラットフォームでニューヨークダウ・日経225・ゴールド・砂糖なども取引できるのでその時々に一番美味しい相場を取引することが可能です。

その時々に一番美味しい相場とは
ローリスク・ハイリターンが実現できるポイントです。


投資では、ローリスク・ハイリターンの時だけ投資することが大切で
これこそ、投資・トレードで資産100億円を作った秘訣そのものです。

是非、ご覧ください。↓

ローリスク・ハイリターンを実現する投資の王道セミナーWEB動画
http://www.xfine.info/ef/eftos


□ニューヨークダウのメインシナリオ

4月:目先の天井をつける時(戦略的は短期の戻り売り・短期の買い)

5月頭:目先の天井からの下げ

5月:目先の底、底から上昇(戦略的は短期・中期の買い)

秋以降:大天井(戦略的は短期・中期・長期の戻り売り)

その後、バブル崩壊


□ドル/円のメインシナリオ

中期的にはニューヨークダウと同じですが、頭は重く、
長期の下落トレンド継続


□相場の売買仕掛けポイント 割愛


以上


本記事は、新イーグルフライ http://www.eagle-fly.com/mm/
から大幅に抜粋・編集した記事なので、連続していません。


■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/
2018年4月16日
dotline

今、一番注目していた先行指標の一つ、ジャンク債が、その後も急騰を続けており強いため、バブルは継続の方向であり、中期的にニューヨークダウや日経225は強そうと判断しています。

ドル/円も連動して上昇しやすくなっていますが、長期トレンドは下落継続です。

ジャンク債 iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF

日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180415-7.gif

やはり先行指標的なビットコインも急騰しています。

ビットコイン日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180415-8.gif

(新イーグルフライの)前々号で、今後のシナリオを書きましたが、
その通りの展開に進みそうです。

補足して再掲します。

 

□ニューヨークダウのメインシナリオ

4月:目先の天井をつける時(戦略的は短期の戻り売り・短期の買い)

5月頭:目先の天井からの下げ

5月:目先の底、底から上昇(戦略的は短期・中期の買い)

秋以降:大天井(戦略的は短期・中期・長期の戻り売り)

その後、バブル崩壊

 

□ドル/円のメインシナリオ

中期的にはニューヨークダウと同じですが、頭は重く、
長期の下落トレンド継続

今年は戦争がテーマとお伝えしてきたように
シリア・北朝鮮がどうなるか注目です。

戦争となるとリスクオフとなり、
株価下落・ドル/円下落なので、今後、戦争モードに入って
相場急落ということも十分考えられます。

シリアは米国がミサイル攻撃をしましたが、地域は限定的です。

米ミサイル攻撃105発 シリア化学兵器施設3拠点に(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4G7G3SL4GUHBI041.html

シリアで、そもそも化学兵器が使われたのかも一部で疑問視されており
米国とロシアとの戦争に発展する可能性もあります。

また、シリア攻撃は北朝鮮に対する見せしめという位置づけにも見えます。

今年は、北朝鮮と中東、両方の戦争になるのかもしれません。


ユーロ/ドルは買い仕掛けポイトのボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)
目先の底で買った方が多かったと思います。

買値上にストップ移動すると良いです。

現在、時間的に長期上昇トレンドが発生しそうなのでなので押し目買い継続です。

・ユーロ/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180415-3.gif

 

以上

 

本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。


■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/
2018年4月 2日
dotline

本日から4月となり、日本では新年度が始まりました。
(世界的には4月から新年度という概念はありません)

3月後半から世界が大きく変化しています。


(1)牽引役のハイテク企業の先行き不安

リーマンショク後の金融危機から立ち直してきたのが
FANGに代表される米国ナスダックのハイテク企業でした。

しかし、ここにきて、これらハイテク企業に立て続けに事件が起きてます。

・フェイスブックの情報漏えい
・ウーバー・テクノロジーズの自動運転車の死亡事故
・テスラ社の半自動運転モード車が中央分離帯に衝突する死亡事故
・テスラ社の12万3000台リコール
・アマゾンの課税強化
・アップルの新商品の失敗続き

アップルは事件ではなく、iPhoneの売れ行きが悪い中、新発売のiPadも不評なため
スティーブ・ジョブズが亡くなった以降、
アップルは魅力的な製品を作り続けることができるか
という懸念です。

これは象徴的で、期待の米ハイテク企業に脆さがあることが表面化し
米ハイテク企業は今度も株価の牽引役になるか
という懸念です。


(2)貿易戦争
今まで、グローバリズムで自由貿易が推進されてきましたが
反グローバリズムのトランプ大統領は公約どおり
関税をかけていく方向を強く打ち出しました。

米国はオイルも自国で産出されるようになったので
貿易をしなくても(鎖国しても)生きている国になっていますし

基軸通貨を持つ米国はドルが高くなっても安くなっても大きな影響を受けないため
自国を優先するアメリカファーストを強力に進めることができる国です。

添付の金森さんの記事も参照してください。

(3)戦争
トランプ大統領は、国家安全保障担当の大統領補佐官を
北朝鮮やイランに対する武力行使を支持するボルトン氏
に入れ替えました。

あわてて、金正恩氏は習近平氏に会いに行くことになりました。

北朝鮮や、中東の戦争の危険が高まっています。

今年から戦争が大きなテーマになっていくと判断しています。


(4)森友学園問題

日本では突然、森友学園問題に進展がありました。

政権が安定しないと、外資は資金を日本株に投入しないため
日本株の大量買いは日銀だけになっていく方向です。

ドル/円も日本株に連動しやすいです。

今は時代の変化点であり、大きく動いていますので
各相場のトレンドも変化していく時ということになります。

日本では4月になると株に新規買いが入るため
株高
円安
に振れやすいですが、今週も相場は疑心暗鬼な週になるかと思います。

目先の天井は売り継続です。

激動の時代は知恵を得て、準備していた人に富が移動する時代なので
これから特に相場に注目です。

□戦略
・ドル/円・豪ドル/円は戻り売り仕掛け(中期・長期)
・ニューヨークダウ・日経225は戻り売り仕掛け(中期・長期)
・ジャンク債は戻り売り仕掛け(中期・長期)


本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。


■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/
2018年3月19日
dotline
現在、各相場とも商いが薄く、方向が定まりません。

米国ではトランプ大統領の側近の解任の嵐、
日本では森友学園問題、どちらも政治が不安定ですが
政治が不安定だと相場はリスクオフ方向(株もドル/円も下落)です。

株価が長期上昇するには、政権が安定していることが必要です。


先日、トランプ大統領が(ツィッターで)ティラーソン国務長官を更迭しましたが
さらに、マクマスター大統領補佐官の解任を決定しました。

トランプ米大統領、マクマスター大統領補佐官の解任決定=米紙(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-mcmaster-idJPKCN1GS084

マクマスター大統領補佐官は保護貿易主義に反対派であり
トランプ大統領は、自分の気に入らない者はどんどん切って
米国は保護貿易化していく方針です。

保護貿易に対してドルは下落方向です。

米国の大型減税・公共投資は、株高方向・ドル高方向ですが
インフレに誘導・金利上昇方向となるため
株安・ドル高方向です。

(今、米国の減税の恩恵もあって日本の会社で最高益になっている会社がいくつもあります)

今の状況や政策は相場上昇と下落の両方の要素が絡んでおり
株もドル/円も、中長期の方向を見定めることができないため
商いも薄く、様子見相場になっているということです。


トランプ大統領は反対派を切っていくことで独裁化が進んでいますが
中国やロシアは独裁化がもっと進んでいます。


中国は、習近平が国家主席の任期を無制限にし、一生、国家主席に収まる予定です。

また、習近平は反対勢力を弾圧するためと思われる監視国家に向かっています。

焦点:中国、「ブラックテクノロジー」で高度な監視国家構築へ
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2018/03/209934.php

米国の人気TVドラマ「PERSON of
INTEREST」などの映画等に出てくる監視世界です。


ロシアは、プーチン大統領が世界全土を射程範囲に収める新型巡航ミサイル構想を打ち出しました。

次回の大統領選はプーチン大統領は、圧勝の予測です。

そしてプーチン氏も反対勢力を消しているようです。

プーチンの差し金?亡命ロシア人の不審死が止まらない
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9739.php

北朝鮮はまさしく独裁状態がずっと続いています。


今、世界は独裁状態にしないと国家としてまとめることができない戦国時代に
入ってきているということなのでしょう。

つまり、今後、一発触発の時の対応が取れないといけない
緊張の時代に入っているということです。

激動の時代の特徴は、戦争・金融危機再燃・想定外の災害であり
戦争についても水面下で戦争は始まっているという認識です。

ビジネスの世界でも、奴隷マインドの人は
心を亡くして掻き立てられるように
奴隷的なビジネスを展開していく時代ですが
奴隷マインド的ビジネスが淘汰される時代ゆえの現象と考えています。


現在、バブルが崩壊するのか継続するかの見定め中で
個人的には、もう少しバブルが継続しそうだと思っていますが
戦略は戻り売り継続です。(短期・中期・長期)

ストップロス必須です。

□戦略
・ドル/円・豪ドル/円は戻り売り仕掛け(中期・長期)
・ニューヨークダウ・日経225は戻り売り仕掛け(中期・長期)
・ジャンク債は戻り売り仕掛け(中期・長期)

具体的なポジションを持つポイントは割愛


元チーフトレーダーの竹内さんのサインツールTwinCloud(ツインクラウド)が
好評発売中です。

竹内さんに、TwinCloudについて動画で説明していただきましたので
よろしければご覧ください。
  ↓  ↓  ↓
https://youtu.be/npCFVZRR1t4

TwinCloud詳細
http://www.xfine.info/tcloud/

竹内さんがファンダメンタルズやテクニカルの情報を配信している
メルマガ&掲示板「SmartLogicFX」に興味がある方はこちらをご覧ください。
http://www.fire-bull.info/sl/

竹内さんがどのようにトレードしているか分かります。

以上



本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。



■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/
2018年3月 5日
dotline


相場は再びリスクオフ(株価下落)となっています。

現在、バブル崩壊する可能性があるので、
株もドル/円も売りポジションを持つを継続中です。

短期の売りポジションは利益確定ポイントに達成したものが多いです。

2月頭の株価暴落が続くかどうかは、
株価が直近安値を割るかどうかが一つの判断基準です。

日経225は、直近の安値を割っていますが
ニューヨークダウは、まだ割っていませんので
下落が続くかどうかは、まだなんとも言えませんが
怪しい相場であるのは確かです。

市場ではバブル継続すると判断している人が多いみたいです。

個人的には、もう少し継続しそうな気はするのですが
現在、不安定な時であり、ちょとした事件で崩れてしまう
可能性があると判断していますので、新イーグルフライでは
以下のように下落に備えるスタンスを2月の頭から継続しています。

□現在の戦略
・ドル/円は戻り売り仕掛け(短期・中期・長期)
・豪ドル/円は、戻り売り仕掛け(短期・中期・長期)
・ニューヨークダウ・日経225は戻り売り仕掛け(中期・長期)
・ジャンク債は戻り売り仕掛け(中期・長期)

バブル継続かバブル崩壊、どちらかに賭けるのではなく
上昇でも下落でもトレンドについていくことになります。

過去のバブル崩壊時も、
多くの人は押し目だと思って買ったものの
底抜けして大きな損失となりました。

何年も、押し目買いをしていれば良かった相場に慣れると
冷静な判断ができなくなっていきます。

勿論、トレールでついていったり、
ロスカットオーダーがきちんと入っていれば
どちらに行こうと問題ありません。

ちなみに、現在、日本株は
外人売り、日本の個人投資家買いと偏っています。

日本の個人投資家は、ババを掴むことが多いことは
知っておくと良いです。


一つ言えることは
今回、バブルが継続しても、その分、次の暴落が大きくなる
ということです。

ここで、大事なことは
今回のバブルが過去のバブルとは大きく違う
ということです。

現在のバブルが崩壊すると、その傷は過去になく大きくなる可能性が高い
と思います。

今回のバブルが過去のバブルと異なる点は以下の通りです。

(1)現在、景気が良いのは一部の大企業

(2)官製相場で、各中央銀行が無理やり株価上昇させてきたバブル

(3)バブル崩壊した後の金融政策が限定的

(4)悪いインフレ(不景気の物価上昇)になりそう。その場合、手を打てない。


バブルが崩壊した時には、景気を良くするために
政府は次の3つの景気対策をしますが、
今後は、どれも手詰まり感があります。

1.利下げ  米国でも1.25しか下げ余地がない。

日本は下げ余地ない(マイナス金利)。

2.公共投資 米国は今拡大予定。

日本は積極的にやっている。

3.減税   米国は大型減税済み。

日本は消費税増税予定なので良くて増税延期。

インフレ(不景気の物価上昇)となると金利上昇し
国の国債利払いは増え
財政悪化します。

結果として
・利下げではなく利上げ
・公共投資は予算がなくて減少
・税収が減って減税どころではない
となります。

現在のバブルが崩壊する時には
崩壊から回復させる力が残ってないということです。

すでに、リーマンショック以降のバブル崩壊からの回復政策を
全てやっている状態が今だからです。

つまり、100年の一度のリーマンショックによる
金融危機の処理は終わってないという判断です。


過去、私たちが経験してきたバブル崩壊とは違う
スタグフレーション(不景気・賃金低下・物価高)
になる可能性が高いと判断しています。


バブル崩壊の時は

知恵がない人から知恵を使って準備していた人に

富が移動する時なので、チャンスの時です。


皆さんも、知恵を得て、準備をしておくことをお勧めします。


以上

本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。


■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

2018年2月11日
dotline
□バブル崩壊3つの先行指標


ニューヨークダウと日経225は急反発して、一旦、収まりそうだったのですが
その後も下落し、安値を更新したので、さらに下落が続く可能性があります。

調整した後、再度上昇トレンドに入るか、現時点では分からないため
目先は下落についていくことになります。

ファンドなども大きく傷ついているものが多そうなので
清算売りなども出てくる可能性があります。

お伝えしているように、一番注目しているものが
米国債長期金利で、現在、上昇継続しています。

米国債金利(長期)が、現在の株価下落の先行指標と判断しているので、
今の相場は、まず金利を見ることが大切です。

米国債金利(10年)日足
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-9.gif

3%を越えて上昇すると危険です。

金森薫さんの記事によれば、金利上昇の原因について次のように書いてあります。

   *    *

1月31日に米財務省が
「四半期定例国債入札予定」を発表したことをご存知だろうか。

この中で減少の一途にある、
FRBのバランスシート上の保有資産推移グラフが掲示され、そのうえで、

「今後、2年債・3年債・10年債の発行を月間数十億ドルレベルで増やす」

と告知した。

米国債券市場の利回りが急に上昇し始めたのはこの時からだ。

2年債利回りは10年ぶりの高水準、
10年債は一時2.75%台と4年ぶりの高水準。

翌2月1日には、30年債利回りが節目とされていた3%の大台に乗せてきた。

引用ここまで

   *    *

金利上昇は株価下落の原因になります。

リスクのある株を買うより、債券を買った方が利益になると判断されるからです。

(現在、株も債券も売られています)

2番目に注目していた中国株(上海総合指数)も下落加速しているので
こちらも、警戒が必要です。

上海総合指数 日足
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-8.gif

また、先行指標の一つとしてジャンク債があります。

ジャンク債(ハイイールド債)は、リスクが高いのに買われてきたので(ジャンク債バブル)
本格的にリスクオフとなると、早い段階で叩き売られることになるため
バブル崩壊の先行指標です。

iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-12.gif

ジャンク債の下落が継続していけば本格的なバブル崩壊と判断できます。

これら3つの指標を見ておくと今後の動きが読みやすいことになります。

ちなみに、恐怖指数とも言われるVIX指数も急騰していますが
こちらは相場が急落すると(ボラティリティが上昇すると)上昇するもので
先行指標ではなく、結果です。

VIX指数
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-11.gif


ドル/円は
日足ボリンジャーバンドのセンターラインが売り仕掛けポイント(短期・中期・長期)
-2σ(シグマ)が利益確定ポイントです。(短期)

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-1.gif

米国はドル下落政策と判断されるので、
ドル/円は下落トレンドに追従です。

ただし、
株価下落に連動しやすい一方
金利上昇に連動しやすいので、
両方の圧力を受け、大きな動きにはなっていません。

ユーロ/ドルは現在、日足ボリンジャーバンドの-1σ(シグマ)の
買い仕掛けポイントに位置しています。

ストップロス必須

・ユーロ/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-3.gif

日経225はトレールで利益確定済

23000円は売り仕掛けポイント
日足ボリンジャーバンドの-1σ(シグマ)は売り仕掛けポイント
(強い下落が継続するかの分岐点)
ストップロス必須

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211.gif

ニューヨークダウはトレールで利益確定済。

日足ボリンジャーバンドの-1σ(シグマ)は売り仕掛けポイント
(強い下落が継続するかの分岐点)
ストップロス必須

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180211-7.gif

以上



本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。


■元チーフディラー集団+各分野一流専門家記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/


■お知らせ

□ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

2017年11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/
2018年1月14日
dotline
□相場の本質を理解する

新イーグルフライでは、日々の相場の中、読んでいると自然に相場の本質が
分かってくるように書いています。

じっくり読んでいただくと、投資・トレードで必要なことが身についていきます。

相場の本質を理解するためにあると思っていただいても結構です。


投資の王道の基本は以下の3つです。

○投資の王道
(1)正しいマインドセット(王様マインド)
(2)相場の本質を理解する
(3)ローリスク・ハイリターンの時だけ取引

投資の王道で
1番大切なことは「王様マインドを身に付ける」ことで
2番目に大切なことは「相場の本質を知る」です。

この2つから結果的にローリスクハイリターンを実現することになります。


為替も、株も、仮想通貨も、相場の本質の基本は同じです。

今回の日経225の、23000円の上抜けは、
相場の本質を理解するための一つの分かりやすい例なので
新イーグルフライに書いてきたことを、まとめて解説します。


□中央値は比較的強い抵抗ライン

ポジションを持つ時は、抵抗ライン近辺で持つわけですが
強い抵抗ライン近辺で仕掛けることが
ローリスク・ハイリターンの秘訣です。

上値と下値の中央値は、比較的強い抵抗ラインになります。

日経225の過去の
最高値38900円と、その後の
最安値7000円の
中央値は23000円なので
23000円は比較的強い抵抗ラインです。(下記チャート参照)

日経225月足 中央値
http://www.pro-fx.info/ef/pic180114-15.gif

分かりやすい抵抗ラインでは皆が、
そこで反発すると思っています。

そして、抵抗ラインを越えたら急加速すると思っています。

皆が抵抗ラインだと思っているようなところは、
市場に次のようなオーダーが持ち込まれます。

上昇相場で、抵抗ライン23000円まで上昇してくると
・利益確定売りが集中
・新規売りが集中
・ストップロスオーダーが23000円の少し上に集中

多くの人が抵抗ラインと思うチャートポイントが抵抗ラインを形成します。


□1回目のブレイク

日経225は、昨年11月に、抵抗ラインの23000円(ブレイクポイント)を越えて
一瞬急騰してから急落しました。(下記チャート参照)

日経225日足 ブレイクポイント
http://www.pro-fx.info/ef/pic180114-14.gif

この1回目のブレイクは、
突然、
材料もない中、
日本時間の早朝(商いが薄い時)
短期投機筋による大量の買い注文により
23000円を上抜け、急騰後、急落しました。

短期投機筋は、売りポジションを持つために、
最初、買いから始めることをします。

買いあがって上昇したところで売りポジションを持つためです。


短期投機筋は、23000円を越えると急騰することが分かっていたので
売りポジションを構築するために、
最初、商いが薄いタイミングを狙って大量買いして23000円を越え、
急騰させました。

急騰後、大量買いした最初の買いポジョションの手仕舞いと
新規売りポジションを大量に入れることで売り崩したのです。

結果的に、短期投機筋はピーク近辺で大量の売りポジションを構築し
その後の急落の中で利益確定しました。

相場の本質が分かっているゆえに、
狙いやすいチャートポイントで
売り仕掛けをすることができたのです。


□エネルギーをためる

その後、
23000円の比較的強い抵抗ラインは、
23000円が天井となり足踏みし、何度も
23000円で跳ね返されたことで、
どんどん抵抗ラインとして意識されることになりました。

23000円で、天井となり、何度も跳ね返されたのを見て
23000円の、新規売りポジションが集まり
23000円の、少し上にストップロスの買いオ-ダーが集まります。

何度も跳ね返されることで、どんどん抵抗ラインは強く成長しきます。

このように何度も跳ね返されることで
ストップロスの買いオーダーが集まることを
「エネルギーをためる」といいます。

ストップロスの買いオーダーが、抵抗ラインをブレイクした時に
上昇の買いエネルギーとして使われるからです。


天井となり、跳ね返される回数が多いほど、新規売りポジションが増え
ストップロスが増えていくので、
抵抗ラインを越えると(ブレイクすると)
上昇加速するエネルギーがたまっていくわけです。

23000円の抵抗ラインを上抜けすると(ブレイクすると)
ストップロスの買いが並んでいるので急騰します。


また、強い抵抗ラインを上抜けすると急騰することが分かっているので
23000円の上に買いオーダー(23000円を越えると自動的に買うオーダー)を入れたり
ブレイクしたのを見て新規買いする人が増えるので
上昇はさらに加速します。

新イーグルフライでは「23000円を明確に越えると上昇加速」と
事前に書いておきましたが、これは市場のコンセンサスです。


□2回目のブレイク

2回目のブレイクは、日本勢がまだ正月休みで商いが薄い時、
(恐らくここも短期投機筋がいっきに大量の買いを入れたので)

抵抗ラインをブレイクし、急騰しました。

日経225日足 ブレイクポイント
http://www.pro-fx.info/ef/pic180114-14.gif


商いが薄い時は、ブレイクさせるのは簡単です。

日経225は日本市場ですが、正月休みがあります。

欧米では正月休みはなく
日経225のCFDは、日本の休みとは関係なく
1月2日から動いているので

日本人が参戦する前、商いが薄いところは
仕掛けやすいポイントとなります。


このように
相場はどうなっているか
皆がどう考えているのか
相場で何が起きているか、などが分かると
今後の相場で、どうなりそうかが分かってきます。

これが相場の本質を知るということです。


□日々の相場の中で学ぶことが大切

日々の相場で起きていることを見ながら実践を通して学ぶことが大切です。

教科書を読んで理解しただけだと、本質まで理解できないことが多いです。


また、今回のように、実践していると
短期売買には、株・ETF・先物よりCFDの方が優れていることが良く分かります。

今回も、CFDではなく、日本の株や先物で取引していた人は
気がつくと強制ロスカットや追証になった人もでてきます。

日本の相場が始まる前から、取引できることだけでもメリットですし
基本的に、月曜日の朝から土曜日の朝まで
24時間連続しているので、ストップロスが有効です。

激動の時代は、ストップロスで逃げられるようにしておくことが極めて大切です。


日々の相場の中、読んでいると自然に相場の本質が分かってくるように
書いていることがお分かりいただけたでしょうか。

以上


本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。



■お知らせ

ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

後からもオンデマンドで視聴ができますので、是非ご視聴ください。
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

2018年1月 5日
dotline

新年、明けましておめでとうございます。

為替市場は、1日(元旦)は休みですが、2日からマーケットオープンです。

欧米では、日本の正月休みに相当するものはないので、
日本が正月休みの間に、相場が大きく動くこともあります。

この新イーグルフライの新年号は「投資の王道」の視点で
重要なことをまとめていきますので、じっくりお読みください。

□2018年の予測と戦略

一昨年、2016年は、多くの人が無いと予測していた
英国ブレグジットや
トランプ氏が大統領選で勝つなど想定外が重なり、
各相場、大きく動きました。(ボラティリティが高かった)

昨年、2017年も、ボラティリティが高いと思いきや、
フランス大統領選挙
北朝鮮問題
大幅減税
イスラエルの首都をエルサレムに認定(まだ日が浅いため動きが出てない)
などのイベントがあったもののボラティリティは低い年になりました。

今年、2018年は、予測が難しい年ですが
トランプ大統領が、減税と公共投資(インフラ投資)により
11月の中間選挙までバブルを延長させるつもりのようですので
戦争・大地震・火山噴火、その他事件がなければ株は上昇、バブル継続です。

但し、地政学的リスクは高くなっていますし
地震や火山噴火の確率も高くなってきていると判断しています。

ドル/円は、一般的には今年はレンジ相場と予測されている人が多いみたいですが
2つの理由から大きく動く可能性が高そうです。
(相場に絶対はありませんので、確率的にどうかということです)

(1)レンジ的な相場が続いたので、上か下かに飛び出す

2017年からファンド勢は上昇を取るか下落を取るかではなく
ボラティリティが小さい方を取るか、
ボラティリティが大きいかを取るかで
ボラティリティが低いと利益になるオプションポジションを取っていたので、
それが崩れると、天井や底が外れ、
いっきに動き出すことになります。

戦略としては、飛び出した方に乗ることになりますが
とりあえず、現在、昨年に推奨したポジション
ドル/円(日経225も)予測通り、目先下落しているので、
売値下にストップを移動して下落追従です。

(2)地政学的リスク等で大きく動く
 
戦略としては、地政学的リスクのタイミングは想定困難なので、
いつもストップロス必須であることと
目先の天井は売りポジションを持つです。

つまり、戦争など事件があったら利益になるポジションを持つ
のが良いという判断です。

これは資産防衛の視点で、激動の時代は
資産防衛のスタンスが利益になる時代という認識です。

株やドル/円の基本的方針は次のようになります。

短期 目先の上昇や下落はついていく
中期 下落を大きく取る
長期 下落を大きく取る
   大底で買う

また、1月から、トレンドが変化することが比較的多いです。

昨年持った日経225の23000円で持った売りポジションは
利益が比較的大きく取れる可能性があります。

いずれにしても、ローリスクハイリターンの仕掛けポイントである
抵抗ラインを狙っていきたいと思います。


地政学的リスクについては大転換があります。
(新イーグルフライの次号に書きます)


□大きな視点で見る(月足を見る)

為替に一番影響を与えるのがニューヨークダウですが
ニューヨークダウは、2009年のボトムから最高値を更新し続け
8年間も上昇を継続しています。

ニューヨークダウ月足
http://www.pro-fx.info/ef/pic180101-15.gif

相場は一定の期間タンタンと上昇し、ストンと落ちるという周期があり
一般的には、8年間の上昇は、そろそろ終わりが近いと判断されます。

ニューヨークダウの月足を見ると、
リーマンショック後の暴落からの上昇は
V字回復後3つの上昇に分れると思います。

セリングクライマックスからのV字回復後
次のようにだんだん角度が上昇してきています。
上昇第一段
上昇第二段
上昇第三段

相場の上昇は、このようにだんだん上昇角度が上昇し、
最後は急角度に上昇となり、
突然、暴落(バブル崩壊)するパターンが多いです。

上昇第二段後、上昇と下落の分岐点からトランプラリーが始まり、
上昇第三段となりました。

頭と尻尾はくれてやれと
ウォーレンバフェットなどの長期投資家たちは、
昨年、米国株を利益確定し、
現在、現金ポジションが高い状態です。

iDeCo(イデコ)など確定拠出年金の運用は
頭と尻尾を除き、実の部分だけ取れば良いのでしょう。

日経225は、ニューヨークダウに比べると出遅れて上昇していますが
今の上昇は、最近になって海外勢が買い始めたことが大きいです。

日経225月足
http://www.pro-fx.info/ef/pic180101-15.gif

高値と安値の中央値は、比較的強い抵抗ラインになるので
日経225の23000円は強い抵抗ラインになっています。


1月は、それまでのトレンドと反対にいくことも多いので
現在の大きな抵抗ラインである日経225の23000円は売り仕掛けポイントであり
23000円で売りポジションを持っている人は売り値下にストップ移動です。

2300円を明確に越えると上昇加速です。

以上

本記事は、新イーグルフライ の中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。

 

2017年12月25日
dotline
米国減税法案はトランプ大統領が署名したことで成立しました。

「トランプ減税」成立は米政治の大きな転換点
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2017/12/post-965.php

約30年の税制改正で、トランプ大統領の目玉公約が初めて実現したことになりますが
内容的に、
法人は大きな減税ですが、(35%から21%)
個人は超お金持ちだけがメリットがあるという内容
になっています。

法人税21%は、(州によって州法人税は異なり州法人税のない州もある)
はかなり低いので、インパクトがあります。(シンガポールは17%)

法人税の減税で、すでに株式の買戻しや配当の増額に充てる意向を示す企業もあり
株価上昇につながります。

減税はバブルを加速させる方向です。

相場は織り込み済みです。

欧米は26日までクリスマス休暇入りをして大きな動きはありませんが
27日からは元に戻り、1月1日だけ相場は休みです。

正月休みという概念はありませんので、
27日から新しい相場が始まり、転換点になることもあります。

2017年12月30日(土)午前7時まで今年の取引終了
2018年1月2日(火)午前7時頃から取引開始です。

来年の見通しは新年号で書いていきます。

日経225は、引き続き23000円近辺は売り仕掛けポイントです。
(短期・中期・長期の仕掛けポイント)

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171224.gif

23000円を明確に越えると上昇加速するので、ストップロスは必須です。

以前も書きましたが、
23000円は日経225の過去の最高値38900円と直近の安値7000円の中央値であり
中央価は比較的強い抵抗ラインとなります。下記月足チャート参照

日経225月足
http://www.pro-fx.info/ef/pic171224-13.gif

日経225相場はドル/円に影響を受けます。

ドル/円の売り仕掛けポイントは引き続き
日足ボリンジャーバンドの+2σ(シグマ)です。(短期・中期)

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171224-1.gif

ユーロ/ドルの売り仕掛けポイントは日足ボリンジャーバンド+2σ(シグマ)です。

・ユーロ/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171224-3.gif

現在の戦略は
ドル/円・日経225の目先の天井で売りポジションを持つです。(短期・中期・長期)


今週は、早くも今年最後の週になりますのでFXの税金対策の週です。

たとえば、税金を低減させるためには次のようなことが考えられます。
・損失が出ている場合、含み益が出ているものを利益確定(再度同じポジションを持つのもアリ)
・利益が出ている場合、含み損が出ているものを手仕舞い(再度同じポジションを持つのもアリ)
・メルマガ購読料・セミナー参加費・セミナーDVD代金等をきちんと経費にする

FX・CFD・株関連の税金はグループ内で損益通算ができます。
(例えば次の?なら?の中での損益通算ができます。つまりFXと株の通算はできません)

●申告分離課税の雑所得 先物等
店頭FX(一般のFX)
取引所FX (クリック365)
店頭CFD(一般のCFD)
取引所CFD(株365)
商品先物取引(金・銀・プラチナ・穀物等)
TOPIX先物
バイナリーオプション
日経225先物
日経225オプション

備考
税率20%(+若干の復興税)
損失は確定申告をすることで3年間繰越可能なので、損失の人も確定申告をした方が良いといえます。
2012年以降、店頭FXも申告分離課税の雑所得となりました。

●申告分離課税の譲渡所得 株等
株式
ETF
REIT(リート)

備考
税率20%(+若干の復興税)
損失は確定申告をすることで3年間繰越可能なので、損失の人も確定申告をした方が良いといえます。

●譲渡所得
金(ゴールド)現物

備考
所有期間 5年以内と5年超で変わります。

最近は、WEBに国税庁の確定申告書作成コーナーがあり申告書の作成は格段に楽になりました。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

□申告が必要な人
自営業・主婦・学生             FX等で得た所得が38万円超
給与収入額が2000万円以下の会社員      給与所得以外、FX等で得た所得が20万円超の人
年金生活者 公的年金収入金額が400万円以下 FX等の所得が20万円超の人

所得とは、収入から必要経費を引いたものです。(所得=収入-必要経費)

□経費になるもの(領収書がなくても大丈夫です)
新イーグルフライ等のメルマガ購読料
投資セミナー参加費・交通費
投資セミナーDVD代金
取引手数料

セミナーDVDは経費になるのでお忘れなく。

ちなみに、只今、2つのセミナーDVDキャンペーン中です。

■西原さんの「チーフトレーダー式トレード収益を最大化させる方法」
を丁寧に解説しているDVDも、キャンペーン開催しています。
2017年12月26日(火)まで
http://www.xfine.info/dvd/n001/

特典として、西原宏一のシンプルFXトレード執筆陣の
西原宏一、竹内典弘、田向宏行による動画
「2018年の相場展望」を特別動画としてプレゼントします!

■5日間限定、マーフィー流FXの【大感謝キャンペーン】
2017年12月25日(月)まで
http://www.xfine.info/dvd/murset/cama/
お安くなっています+特典付


■元チーフディラー集団+各分野一流の執筆者の相場記事がある
FX・CFDのポータルサイト「イーグルFX」も、をご活用ください。

イーグルFX
http://www.eagle-fly.com/

■お知らせ
□ラジオNIKKEI「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」
毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送で分りやすく解説します。

後からもUstreamで視聴ができますので、ご視聴ください。
(Google ChromeやFirefoxでの視聴をおすすめします)
http://market.radionikkei.jp/simplefx/

11月は全106局中、全国2位の聴取率となりました。(radiko調べ)


■セミナー
□第2期 第4回不動産投資スクール&ジョイントセミナー(1月13日)
http://www.fire-bull.info/as/180113/

1回1回が完結しており、いつ参加しても大丈夫なスクールです。
これまでのスクールは動画で見ることもできます。

●第4回スクールの内容
【第1部】融資の基本
【第2部】人生100年時代の不動産経営
浅井佐知子×溝口晴康 勝ち組大家さんインタビュー
https://youtu.be/t7SaJgtHMvI

当日参加できない方・オンラインで学習したい方はこちらへどうぞ
過去開催スクール内容は会員ページですべて閲覧できます。

□浅井佐知子の美味しい不動産物件情報
http://www.fire-bull.info/as/


■お知らせ

「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/


以上

本記事は、新イーグルフライ の中では連続した記事ですが、
抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。
最新トピックス
最新トピックス
FXブログカテゴリー
月別アーカイブ
rss
FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.