資産防衛・FX外国為替証拠金ブログ、奥が深いけど分かりやすい! 気軽にFXのスキルアップ
イーグルビューFX 外国為替証拠金取引ブログ
Home
無料メールマガジン登録はこちら
書籍情報


王様マインドと奴隷マインド
著者:松島修
サンマーク出版

最新の資産防衛術は聖書に隠されていた
最新の資産防衛術は聖書に隠されていた
著者:松島修
扶桑社 刊

FPnetサービス一覧
FPnetWORLD
おすすめFX会社・本
無料FXメルマガ・レポート
3分間FXブログ筆者
松島修
松島修 1960年東京生
資産のコンサルタント会社
エフピーネット株式会社
代表取締役

真の投資家とも呼ばれ、自ら、日本株・海外株・商品先物・国債先物・株式先物・日経225オプション取引・金(ゴールド)・金鉱山株・米国ナスダックダイレクトトレーディング、FX外国為替証拠金取引等
その時々に一番美味しい投資をしてきた実務家・実践家。

コンサル歴22年
エフピーネット株式会社18期目

CFPサーティファイドファイナンシャルプランナー
(FPの最高資格)保有
元CFP試験問題作成委員

1996年 日本のFPで最初のホームページ作成
www.fpnet.com
FXブログリンク集
2017年11月13日
dotline
先週、9日(木)、日経225が大きく動き、ドル/円にも影響を与えました。

日経225は特に材料がないのに短期投機筋が前場に大量の買いで上昇させ23000円の少し上の(多分大量の)ストップロスをつけて上昇加速
23418円まで上昇させてから、後場に売りに転じて急落、一日で高値と下値の値幅が860円もの大きな幅となり元の価格に戻りました。(ローソク足は大きな十字を形成)

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112.gif

さすがにここまで大きく動くと、23000円や23400円は目先の天井となり
しばらくは、乱高下する可能性が高いと判断しています。
(ボラティリティが高い状態が続く)

23000円は日経225の過去の最高値38900円と直近の安値7000円の中央値であり
ここは比較的強い抵抗ラインです。下記チャート参照

日経225月足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112-10.gif

この比較的強い抵抗ラインを超えたことから
買い加速と見せかけ、ストップロスの買戻しだけではなく
騙されて新規買いが入ってきたところを売り崩したということです。

見事な仕掛けでした。

当日のラジオNIKKEI「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」の
西原さんの解説をオンデマンドで聞かれると良いです。
http://market.radionikkei.jp/simplefx/


皆さんは、この乱高下ではトレールで利益確定となったかと思います。

これで、23000円の抵抗ラインが、強化されたと思います。

短期的には、しばらく乱高下する可能性が高く
その後、どうなるかなのですが

北朝鮮での戦闘開始で、日経225はさらに下落というシナリオになる
可能性があるので、目先の戦略は日経225を23000円近辺で売り仕掛けです。

勿論、23000円を越えて続伸する可能性も十分あるので
ストップロスは必須です。

ドル/円は、悩ましいところですが
日経225の下落に連動しやすいので
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)を売り仕掛けポイント(短期)
に変更。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112-1.gif

ニューヨークダウも、日経225の影響を受け
強い上昇が終わるか継続するかの分岐点である
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)を割ったので
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)は売り仕掛けポイント(短期・中期)
となります。

ストップロス必須

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112-7.gif


ちなみに、株式は二番天井・二番底をつけやすい性質があり
為替は一点で天井、大底になりやすいです。

たんたんと上昇する相場の天井を見定めるのは難しいのですが
今回、短期筋の仕掛けによる動きから天井の一つの目安ができたということです。


本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。


■お知らせ

ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

後からもオンデマンドで視聴ができますので、是非ご視聴ください。
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/
2017年10月26日
dotline
マーフィーさんの自信作「スパンオートシグナル」
好評の秋の大紅葉キャンペーンは、明日、10月27日(金)迄です。

スパンオートシグナル 秋の大紅葉キャンペーン
http://www.xfine.info/sauto/camau/

スパンモデルのエントリーポイントをサインとして表示するツールで
手間が大幅になくなりますので人気です。

この機会をお見逃し無く。


日経225は連騰記録をさらに伸ばして「16日続伸」で終了しました。

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171026.gif

外資系の売りも多かったみたいです。

調整がどこまであるかに注目です。

前号で日経225は日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)とセンターラインが、押し目買いポイントです。(ストップロス必須)と書きましたが、

現在、日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)迄下げて反発しています。

日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)は強い相場が終わるかどうかの分岐点であり先週の押しも、やはり、綺麗に+1σ(シグマ)まで調整していたように比較的強い抵抗ラインです。


悪材料を無視をするのが総楽観相場です。

結果的にバブル相場は、だんだん上昇角度が急になり、最後に暴落しますがバブルのピーク、すなわち、どこで暴落開始するかは分りにくいものです。

従ってバブル相場には、トレールで上昇についていくのが一番です。

ニューヨークダウの月足を見ると、やはり最後の上げに入っているように見えます。

ニューヨークダウ月足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171026-12.gif

ドル/円は、日経225とは、現在、あまり連動していません。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171026-1.gif

基本的には押し目買いで良いと思います。


昨日、タクシーの運転手が面白いことを言ってました。

「選挙の前から都内の道路工事が過去にないくらい極端に多くなった。自民党が選挙対策としてお金をばら撒いたのだろう。」

これが真実なのか分りませんが、選挙となると株高になるのは現政権が勝つために株を上げる操作をしたりいつも選挙で株高になることから買いが入る結果です。

■お知らせ

本日、木曜日921:30~ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」で西原宏一さんが解説します。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

後からもオンデマンドで視聴ができますので、是非ご視聴ください。
http://market.radionikkei.jp/simplefx/



「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。
2017年10月24日
dotline
まず、キャンペーンのお知らせです。

マーフィーこと柾木さんの自信作「スパンオートシグナル」が秋の大紅葉キャンペーンを開始しました。

秋の大紅葉キャンペーン 10月27日(金)迄です
http://www.xfine.info/sauto/camau/

スパンモデルのエントリーポイントをサインとして表示するツールで初心者でも分りやすいと好評ですが使いこなしている方々にも、そのシンプルさで好評です。

どうぞ、この機会にお求めください。


総選挙で自民党圧勝を受け、日経225は、ついに「15日続伸」という連騰の最高記録となりました。

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171024.gif

このような相場は見たことがないのは当然、過去にない上昇相場の記録となりました。

今の経済政策や日銀の金融緩和が続くので買いという判断をしている人が多いようです。

今朝は多少調整していますが、押し目を買おうと思っている人が多いので大きな調整にはなりそうもありません。

今まで、日本株は海外勢は売っていましたが最近、買いに転じて海外の年金資金も買っています。

日経225は
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)と
センターラインが、押し目買いポイントです。
(ストップロス必須)

ドル/円も、月曜日の朝は窓空け上昇して始まりました。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171024-1.gif

ドルも上昇トレンドに入っているので
ドル/円は押し目買い
ユーロ/ドルは戻り売りとなります。

現在の日米の株価は、悪材料を無視する総楽観で過熱感のない(ボラティリティの低い)比較的長く続くバブル相場ですが目先的には12月の中旬(クリスマス前)くらいまで上昇相場が続きそうです。

上昇についていくわけですが、勿論、激動の時代は想定外の事件が発生しやすいので突発的な事件で急落に備えておく必要があります。

浮かれている相場は、上昇はついていくものの逃げ足が早いことが大切です。
(FXやCFDはストップロスが有効なのでピッタリです)

ストップロスを上げていく「トレール」が一番活用できる相場です。

現在、一番気になることが北朝鮮問題です。(12月が危険)

日本では選挙が一番の注目ポイントでしたが現在、世界の相場が一番注目しているのが次期FRB議長が誰になるかです。

バブル延命が続くかどうかを握るキーマンだからです。

FRBが金利上昇を抑えてトランプ大統領が税制改革等を進めていくとバブルは延命の方向です。


マーフィーこと柾木さんの自信作「スパンオートシグナル」
秋の大紅葉キャンペーン 10月27日(金)迄です
http://www.xfine.info/sauto/camau/

シンプルさで好評です。

■お知らせ
ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組
「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」スタート

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

後からもオンデマンドで視聴ができますので、是非ご視聴ください。
http://market.radionikkei.jp/simplefx/


「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。
2017年10月19日
dotline
本日、2017年10月19日(木)21:30~22:00
ラジオNIKKEIで、エフピーネット株式会社提供のラジオ番組

「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」

の放送が始まります。

毎週木曜日の21:30~22:00の30分間の生放送です。

同時にオンデマンドでも配信され、
後からも視聴ができますので、是非ご覧ください。

http://market.radionikkei.jp/simplefx/

先週、ランスルー(本番と同じように行う練習)をしたのですがリアルタイムに解説するため分りやすく、とても良い番組だと思いました。

質問をされる方は「西原宏一のシンプルFXトレード」の掲示板にアップしてください。
http://www.fire-bull.info/ni/

日経225は少し下げそうな気配もあったのですが、ニューヨークダウの上昇を受けて上昇継続です。

ニューヨークダウは、IBMが9%ほど急伸したことから1銘柄でダウ平均を約90ドル押し上げました。

ドル/円も上昇してきています。

バブルの特徴の一つは、各相場の相関性が無くなることですが最近の日経225とドル/円との相関性がなくなっています。

外資が日本株を買う時には、今までは日本株買いと同時に、為替ヘッジとして、円売り(ドル/円買い)をすることで日本株とドル/円が両方上昇していたのですが、現在、外資はヘッジをせずに買ってきているようです。

日経225は、今週末の選挙前後、短期的に(目先の)天井の可能性があります。
(小さな押しだと思います)

いずれにしても、短期的に上昇にはついていくものの、天井は見定めて売り狙いというスタンスです。

○ドル/円
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は買い仕掛けポイント(短期)
日足ボリンジャーバンドの+2σ(シグマ)は売り仕掛けポイント(短期)

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-1.gif

○豪ドル/円
前回高値90円は売り仕掛けポイント 短期・中長期
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は買い仕掛けポイント(短期)
ストップロス必須

・豪ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-2.gif

○ユーロ/ドル
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は買い仕掛けポイント

ユーロ/ドルは上にも下にも行き過ぎる傾向が強いので注意
(ストップロス必須という意味です)

・ユーロ/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-3.gif

○日経225(ドル/円との連動性高い)
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)を越える強い上昇相場
売り仕掛けポイント待ち(中長期)
短期は押し目買いで上昇追従(1時間足での追従)

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019.gif

○ニューヨークダウ(為替への影響大)
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)を越える強い上昇相場
売り仕掛けポイント待ち(中長期)
短期は押し目買いで上昇追従(1時間足での追従)

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-7.gif

○金(ゴールド)/ドル(XAU/USD) CFD
長期上昇トレンド
1250ドル買い仕掛けポイント
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は買い仕掛けポイント
ストップロス必須

・金(ゴールド)/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-4.gif

○金(ゴールド)/円(XAU/JPYなど)
4500円/グラム=140,000円/トロイオンス以下パラパラ買い推奨

・金(ゴールド)/円/トロイオンス
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-5.gif

パラパラ買いは、買値とタイミングをずらしてレバレッジ1倍で買うことです。

長期上昇と判断しています。
利益確定ポイントは長期 15000円/グラム(この時のドル価格は現時点では不明)

○オイル(WTI)(現在、他の相場への影響力は低下中)
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は買い仕掛けポイント(短期)
ストップロス必須

・オイル(WTI) 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-6.gif

○上海総合指数(参考)
他の相場に影響を与えるので要注意
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-8.gif

○長期米国債金利
注目中(ドル/円が連動)

米国債金利(10年)日足
http://www.pro-fx.info/ef/pic171019-9.gif


現在の戦略は以下の通りです。

ドル/円は、
短期的に、目先の底で買いポジションを持つ。
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は一つの仕掛けポイント

短期的に目先の天井でポジションを持つ(狙っていく・仕掛けポイント待ち)

北朝鮮で戦争状態となり、ドル/円が下落した場合、買いポジションを持つ

日経225・ニューヨークダウは、
短期的には、押し目買い(ストップロス必須)
中長期的には、目先の天井で売りポジションを持っていく(狙っていく・仕掛けポイント待ち)

中長期トレンドと短期トレンドの方向が同じであれば
短期で仕掛けて(レバレッジ高めで)、中長期の保有に移行も良いです。

突然の悪材料で、相場が急落・急騰ということを十分意識しておいてください。
つまり、ストップロスは必須です。

中長期の美味しい売り場・買い場が明確になったら、メルマガに書きます。

短期的に買って、その後、買値上にストップ移動や、
短期的に売って、その後、売値下にストップ移動し
中長期用に切り替える戦略は良いです。

相場があまり動かない時に取引する場合は1時間足で取引すると良いでしょう。

○短期の注目ポイント
・米国金利動向 FRB議長が誰になるのか
・米国税制改革
・ボルカールールの撤廃
・トランプ発言(突然のドル安誘導発言など)
・北朝鮮問題
・米国債務上限問題
・トランプの政策がどこまで実行できるか
・金(ゴールド)価格

○中期の注目ポイント
・米国の今後の利上げ
・EU・ユーロが今後どう展開していくのか
・ECB金融緩和の終焉(テーパリング)
・日銀金融緩和の終焉(テーパリング)

○長期の注目ポイント
・イスラエルなど中東動向
・中国の経済動向・政治動向
・ユーロの存続

以上


■セミナー案内

□けんさんの勝ちパターン集中セミナー 11/25、26マレーシア
http://www.eagle-fly.com/se/fxmz/17112526/nm


□「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」無料プレゼント
http://www.xfine.info/dvd/km/esg/


投資トレードは勿論、ビジネスでも大切なことはマインドセットですが
唯一の正しいマインドセットである王様マインドについてお勧めは次の2点です。

●書籍 王様マインドと奴隷マインド(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

分かりやすいですが、何度読んでも新しい発見があると思います。

国会議員や経営コンサルタントが、付箋紙を沢山つけて読み込んでいるほど深いです。


本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。
2017年10月10日
dotline
現在の状況を、簡単にまとめます。

米国の債務上限問題やFRBの利上げなどから、一時は怪しい状態になった相場ですが、トランプ大統領は、ハリケーン被害の緊急支援のため債務上限問題を12月に先送りした時に民主党と組んだことからトランプ大統領は党に属さないフリーランス(無党派)となり良いところ取りをしていく可能性が高くなっています。

FRBの利上げも抑えられるとバブル延命となり、ニューヨークダウも、日経225も、ドル/円も上昇継続シナリオの確率が高くなっていきます。

現在、相場は過熱感のないバブルで総楽観となっているので短期的に上昇についていくは良いですが、(買いでも売りでも)ストップロスをしっかりいれ、バブルが続く可能性と同時に突然、株式相場が下落する可能性もあることを十分意識しておいてください。
(株価下落するとドル/円も連動して下落します)


現在、嵐の前の静けさ的状態であり、激動の時代の特徴である次の3つのリスクが高くなっているからです。

・戦争(北朝鮮・イスラエル)
・想定外の災害(火山噴火・地震・その他)
・政治、経済の混乱・金融危機再燃

北朝鮮問題は、現在、相場にほとんど影響を与えていませんが12月にも戦闘が始まる可能性があります。

その後、(数年後?)中東(イスラエル)も戦争の可能性があります。

火山噴火については、現在、桜島の噴火が活性化していますが世界で巨大火山の噴火リスクが高まっています。

インドネシアのバリ島のアグン山(世界最大級の噴火を起こした火山)では火山が噴火する可能性が高まったことから、政府が9月22日に警戒レベルを最高度に引き上げて以降、火山の周辺から避難生活をしている人は14万人を超えています。

北朝鮮の白頭山(世界最大級の噴火を起こした火山)ではもともと、いつ噴火してもおかしくない状況と言われていますが白頭山に近いところで、先日も核実験をしたので、なおさら噴火リスクが高くなっています。

米中部のイエローストーン(北アメリカ大陸最大の火山地帯)では常に地震は多発していますが、数カ月ほど7000キロ四方くらいの地域で小規模な地震が続いており、活性化が進むと危険です。

激動の時代は想定外の災害が多発します。


最近、関東で地震が増えてきた感覚がありますが日本の地震リスクも少し高まりつつあります。(日本の中央あたりか?)

東日本大震災(311)の40日前に地震リスクが非常に高いと判断して新イーグルフライ緊急特別号として「地震対策号」を発行しましたが現在の状況は、そのレベルではないものの準備はしておく必要があります。

また、地震リスクが高いと判断した時には新イーグルフライのメルマガや掲示板で、お知らせします。

経済的なショックとしては中国や韓国発のショックも考えられます。

いずれにしても、大事なことは、

恐れずに、しっかり準備しておくことです。

激動の時代は知恵を使わない人から、知恵を使って準備をしている人に富が移動するからです。

資産防衛が大きな利益になる時代です。


現在の戦略は以下の通りです。

ドル/円は、強い上昇相場のため売りにくいものの
目先の天井でポジションを持つ(狙っていく・仕掛けポイント待ち)(短)

北朝鮮で戦争状態となり、ドル/円が下落した場合、買いポジションを持つ

日経225・ニューヨークダウは、強い上昇相場なので売りにくいものの
現在、短期と中長期も
目先の天井で売りポジションを持っていく(狙っていく・仕掛けポイント待ち)


■お知らせ

「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

本記事は、新イーグルフライの中では連続した記事ですが、抜粋したイーグルビューは連続した記事になっていません。
2017年10月 6日
dotline
ニューヨークダウ・日本株は、目先の天井圏で横ばいですがこれは上昇と下落の攻防中であり、分岐点ともいえますと書いた通り、早速、月曜日には横ばいから上抜けしました。(短期)

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171005.gif

特に日経225については短期的に10月10日の総選挙まで上昇圧力が加わりやすいですが選挙後に少し下落の可能性が高そうです。(少しだけですが)

ドル/円も日経225に連動して上昇しやすいです。

日経225については短期的には上昇となりましたが今後、新しいFRB議長が誰になりどのような政策を取るか次第になってきたように思います。

過去のバブル崩壊は、利上げがトリガーとなりました。

バブル温存するには米FRBが現在の利上げモードから金融緩和モードに転向する必要があります。

米国が利上げモードから金融緩和に方向転換するかどうかは利上げ推進派のイエレン後に誰になるかで明確になると思います。

ちなみにトランプ大統領は利下げ派です。

トランプ大統領の立場からすれば
利上げしてバブルが崩壊したら、トランプ氏の政策が正しかった
利下げしてバブルが延命したら、トランプ氏の政策が正しかった
となります。

次期FRB議長は、ここ数週間で決定すると思いますが市場ではイエレン米FRB議長が12月に最後の利上げをするという予測です。

市場の予測では、バブル延命の可能性が高い方向なので最近のニューヨークダウの強さは、そのような理由もあるのかもしれません。

ニューヨークダウは、2009年3月を底に8年半も上昇を続けてきましたがこの上昇は、過去にない壮大な官製相場による中央銀行バブルです。

官製相場といえどもいつまでも上昇を続ける相場はありません。

壮大な実験場となっている株式市場ですが相場は、ここで天井になるか、さらに一段上げたところが
天井になるかの分岐点という認識であり、壮大な中央銀行による歴史的バブルがどう推移するかという客観的な視点で相場を見ることが大切です。

つまり、相場の中から見るのではなく相場の外から見ることが大切です。

現在の戦略は以下の通りです。

ドル/円は、強い上昇相場のため売りにくいものの
目先の天井でポジションを持つ(狙っていく・仕掛けポイント待ち)(短)

北朝鮮で戦争状態となり、ドル/円が下落した場合、買いポジションを持つ

日経225・ニューヨークダウは、強い上昇相場なので売りにくいものの
現在、短期と中長期も
目先の天井で売りポジションを持っていく(狙っていく・仕掛けポイント待ち)


■西原宏一 FXトレード実践セミナー 東京10/7(土)

なんとチーフトレーダーが3人も講師として登壇するセミナーです。

貴重な為替オプションの話や、伊藤さんの時間分析の話もあります。

http://www.eagle-fly.com/se/ni/171007

若干ですが残席あります。

■お知らせ
「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/

「王様マインドと奴隷マインド」(サンマーク出版)
http://www.the-status.com/pr4/

この記事は、新イーグルフライを抜粋編集したものなのでイーグルビューとして連続していません。
2017年9月22日
dotline
確定拠出年金は、社員が自己責任、自分で運用先をスィッチング・配分変更する仕組みゆえ投資や相場の知識が必須となりますので、加入者への投資教育は極めて大切です。

しかし、投資知識のレベルは次の5段階に分れ第5レベルにならないと、本来の適切なスィッチングができないが現実ですが現在の確定拠出年金加入者向けの投資教育は、第1レベルと思います。

①教科書的知識を持っているレベル
②後講釈の市場分析・解説ができるレベル
③的確な市場分析・解説ができるレベル
④相場の本質が分かるレベル
⑤相場の本質が分かり、相場全体を見ているレベル

それぞれ、みていきます。

■レベル1■教科書的知識を知っている

一般にFP(ファイナンシャルプランナー)や銀行・証券会社等の金融機関が投資教育といっているもので、教科書に書いてあるものを理解するという視点です。
株とは何か?
為替とは何か?
経済と株との関係
世界情勢と為替の関係
などを習得しますが、実際に投資で利益にできる方法を学ぶわけではありません。

教科書に書いてある内容を理解していますが、実際の投資には役立ちません。

現在は特に相場が教科書通り動くことは稀で教科書とは反対に動くことが多いからです。

その一つの理由が、投資の教科書は、昔の知識であり、今の相場に合ってないからです。

たとえば、分散投資(ポートフォリオ投資)が、昔は有効でしたが今、世界のほとんどの相場が連動する時代なので、ポ-トフォリオが役立たないことが多いです。

教科書では、株が下げると債券が上昇するなどと書いてありますが現在、株も債券も同時に下げることは当たり前のようにあります。

景気の良い時に株が上昇するのは常識ですが、景気の悪い時に株が上昇することも多いです。

景気が良いから株価が上がるのではなく景気を良くするために金融緩和して株価を上げるからです。

例えば、景気が良いという指標が出た場合、通常、株価は上昇しますが金融緩和の後退懸念があるため株価下落ということも多々あります。

同じ材料が出ても、全く反対に動くことになります。

投資では9割の人が損をすると言われていますが、その理由の1つは教科書的な知識だけであるからです。

教科書的知識だけなので投資で出てくる言葉を知っているレベルで、相場と反対に投資をするレベル


■レベル2■後講釈の市場分析・解説ができる

投資の教科書的なことが分かるだけではなく、また材料と相場の説明が後講釈としてできる知識レベルで、このレベルも相場の方向を間違えることが多いです。

テレビ等に出演する元プロディーラーという肩書きの人たちも含めてコメンテーター・アナリスト・エコノミスト・学者も、ほぼこのレベルです。

後講釈の説明はロジカルに見えますが、実際にそれが直接的な原因か疑わしいことが多く本人は方向性が分からない、もしくは、方向性が反対のことが多いです。

100年に一度と言われた2008年9月からの金融危機の時も、実際にはその前年2007年6月から、日本株は下落開始していましたが、その時もテレビのコメンテーターのほとんどは強き相場、方向性が反対でした。

このレベルの知識は、方向性を間違えるだけではなく、大衆心理になることが多く報道も、このレベルの人の意見が取り上げられています。

大衆心理になると人は相場の大底で売ったり、天井で買ったり確信を持って反対に取引することになります。

たとえば、相場では金融危機等で株価が急落している最後に、新聞に「株下落止まらず」と報道され、そこが大底になって相場は反転するという現象がおき多くの人が、大底で売ることになります。

また、各社好決算という発表があると、そこが株全体の天井になることも多く多くの人が天井で買うことになります。

投資では9割の人が損をすると言われていますが、その理由の2つ目は、方向性が分からず大衆心理になるからです。

方向性が分からないので本人は、相場を知っているつもりでも、確信を持って相場と反対に投資をするレベル


■レベル3■的確な市場分析・解説ができる

これはかなり優良な知識を身に付けた稀有な人で、投資・相場のコメンテーターの中にもほとんどいません。

この人の市場分析を聞いた人にとっても有益な情報です。

しかし、実際の例ですが、あるアナリストが抜群の市場分析ができ、方向性も正しいのでファンドマネジャーとして抜擢されました。

しかし、運用成績は、全く不振だったのです。

方向性が合っていただけでは運用者としては不適格です。

投資ではタイミングが一番大切なのですが、そのタイミングが分からないことが一番の原因です。

投資情報としても良いには良いのですが、運用やスィッチングのための情報・知識にはなりません。

投資では9割の人が損をすると言われていますが、その理由の3つ目は、タイミングが分からないからです。

タイミングが分からないので相場を知っているが、投資では利益にならないレベル


■レベル4■相場の本質が分かる

相場の本質が分かるのは、それなりの経験が必要ですが、このレベルは投資できちんと利益を出せる知識です。

その時々に、どの相場が良いかを判断することもできます。

教科書的な動きとは全く反対に動く時期も分かります。

タイミングが分かる人です。

しかし、このレベルでも、日本の場合は特に運用のプロも、株・債券・商品(金・銀・原油・穀物)・為替など専門が分かれているため「株は分かるが、為替や商品は分からない」という状態のため、投資先をスイッチングするのは苦手です。

全ての相場が分かるわけではないので投資で利益にすることができるが、各相場のスィッチングは苦手というレベル


■レベル5■相場の本質が分かり、相場全体を見ている

レベル4に加えて、全ての相場を見ることでこれからどの分野に投資をすれば良いかという視点で判断できるレベルです。

例えば、1990年以降20年間下落してきた日本株だけで利益を出そうとすると大変ですが米国株や、金(ゴールド)に、運用先を変えていれば簡単に大きな利益になったわけでこれができる人です。

全ての相場を見ていて、これから、どの相場が良いかを判断できるレベルの人はかなり少ないのですが、このレベルが確定拠出のスィッチングに必要な知識です。

全ての相場が分かるので投資で利益にすることができるし、各相場のスィッチングができるレベル


■プロが利益を出せないため確定拠出年金に移行

そもそも、確定給付年金から確定拠出年金に移行したのは、運用のプロが利益を出せなかったからです。

確定給付年金では会社の負担リスクが高いので会社のリスクをゼロにして、運用の全リスクを社員のリスクに付け替え、突然、社員の自己責任の上で運用を強いられました。

つまり、プロが運用してうまくいかないものを投資をしたことがない人に運用を託したものが確定拠出年金です。

投資運用のプロが利益を出せないというのは金融機関内ではあたり前のことです。

金融機関内でプロディーラーとして配置された人の多くは利益を出せないで次々に辞めさせられていきます。

プロディーラーの中でも、一部の人だけが利益を出せるのです。

確定拠出年金のスイッチングをすることは何も知らない人たちが、突然レベル5の知識を要求されるのです。

例えていえば、自動車に普段乗ってない人が突然F1レースに参加させられたようなものです。

従ってほとんどの人は、一般に言う投資教育(レベル1)を受けたとしても確定拠出年金のスィッチングができずゼロ金利のまま預金しておくことになったり放置したままで運用しないリスクに置かれています。


■確定拠出年金のスィッチングに相応しい投資教育とは(実践教育)

確定拠出のスイッチング・配分変更のための投資教育はレベル5が求められますが実際に、すぐにレベル5にたどり着くのは難しいですしレベル5に、たどり着かない人の方が圧倒的に多いでしょう。

そこで、その時々の相場の中で、
どこにスイッチングしたら良いか、
そのスイッチングのタイミングを教えてもらいながら
つまり、投資助言を受けながら
なぜ、そうなのかを、実践を通して教えてもらうことが、
大切な知識であり情報だと判断しています。

自己責任は、適切な情報や適切な教育があることが基本です。

本来の投資教育は、知識に加えて適切な情報(助言)根底に無いと利益になる投資教育にならないのです。

確定拠出年金のスィッチング・配分変更に必要な教育として、「適切な投資教育」+「適切な情報(投資助言)」が求められているといえます。

新イーグルフライ http://www.eagle-fly.com/mm/は、レベル5を提供します。
2017年9月 5日
dotline
今まで、米国は東アジアでの適度な緊張を維持するため米国にメリットがあることから北朝鮮を潰すことなく存続させるのが米国の基本戦略でした。

従って、米国からの先制攻撃はないと判断していましたが今回、米国は大きく戦略を変更し、北朝鮮と米国との戦闘の可能性が高まっているようです。

戦争は最大の景気対策にもなります。

中国、ロシアがどう動くかによって方向性も大きく変わってきますが

9月1日から米国務省は、米国の旅券保持者の北朝鮮への渡航を禁止し北朝鮮国内に滞在している米国人に対し出国するよう指示していることからも戦争をするシナリオが進んでいるようです。

米国と北朝鮮が戦闘状態となった場合ドル/円は最初、リスクオフとなり下落しますがその後、反転上昇する可能性が高いと判断しています。

ドル/円下落後はドル/円上昇の可能性が高いという判断なのでドル/円が下げたところは買いです。
(底を拾うには松島流短期売買は有効です・ストップロス必須)

ドル/円が反転上昇するのは米国と北朝鮮との戦いの場合、米国有利と判断しており、
米国有利の戦争の場合、ドル上昇
泥沼のような戦争の場合、ドル下落
と判断です。

さらに、北朝鮮での戦闘は円安要因と判断しています。

金(ゴールド)も強い上昇が続いています。

湾岸戦争の時、金(ゴールド)は下落しましたが今の有事(戦争)は、金(ゴールド)は上昇すると判断しています。

勿論、金(ゴールド)は長期上昇という認識です。

・金(ゴールド)/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic170905-4.gif

金(ゴールド)相場も引き続き注目です。


戦略は少し変更しました。

ドル/円は
目先の天井でポジションを持つ
北朝鮮で戦争状態となり、ドル/円が下落した場合、買いポジションを持つ

日経225・ニューヨークダウ
短期と中長期も
目先の天井で売りポジションを持っていく

(仕掛けるタイミング等は、本メールでは割愛)


投資で大切なことの一つは相場の本質を理解することです。

相場の本質を理解することでローリスク・ハイリターンを狙うことができるからです。

「新イーグルフライ」 http://www.eagle-fly.com/mm/ では、
毎号、読むだけで、投資の本質も身につくようにお伝えしていますが

投資の本質を理解するための「投資の王道セミナー」を開催しますので
是非、ご参加ください。

■投資の王道セミナー2017年9月16日(土)東京
http://www.eagle-fly.com/se/ef/170916/


新イーグルフライでは私が取引している内容を公開していますが

なぜ、たった3回の金(ゴールド)CFD取引で、20万円を450万円にできたのか?


なぜ、2015年8月から約1年間、
新イーグルフライで推奨してきた売り仕掛けのタイミングが
ピンポイントで美味しいポイントだったのか?

日経225日足(ドル/円も同じタイミングです。)
http://www.pro-fx.info/ef/pic160804.gif

この理由も今回のセミナーで分かると思います。

■投資の王道セミナー2017年9月16日(土)東京
http://www.eagle-fly.com/se/ef/170916/


激動の時代は知恵を使わない人から、知恵を使って準備をしている人に富が移動します。

この記事は新イーグルフライから抜粋・編集・加筆したものでイーグルビューとして連続した記事にはなっておりません。


■お知らせ

「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」プレゼント
 何十万円という高額セミナーより価値があり、普遍的な内容と自負してます。
  ↓ ↓
 http://www.xfine.info/dvd/km/esg/
2017年8月25日
dotline
イーグルビューの前号で、お伝えしていたシナリオ通り
ニューヨーク・ダウは8月に天井となり下落しています。

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic170824-7.gif

世界の各相場は連動していますので多くの相場は、ニューヨークダウ連動で天井や目先の天井をつけました。

うまく、天井近辺や目先の天井で、ニューヨークダウや日経225やドル/円等の売りポジションを持てた方もいらっしゃったと思います。

この天井は、まさしくローリスク・ハイリターンのポイントになります。

現在中長期の戦略はドル/円、豪ドル/円・日経225・ニューヨークダウで目先の天井の売りポジションを持つ
であり、
短期の戦略は、戻り上昇局面を取ると目先の天井で売りポジションを持つです。

短期の売りポジションは、中長期に移行するのもアリです。

○ドル/円
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は短期の買い仕掛けポイント
日足ボリンジャーバンドのセンターラインは新規売り仕掛けポイント

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic170824-1.gif

○豪ドル/円
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は短期の買い仕掛けポイント
日足ボリンジャーバンドのセンターラインは新規売り仕掛けポイント

・豪ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic170824-2.gif

○日経225(ドル/円との連動性高い)
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は短期の買い仕掛けポイント
日足ボリンジャーバンドの-1σ(シグマ)は中長期の新規売り仕掛けポイント

・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic170824.gif

○ニューヨークダウ(為替への影響大)
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は短期の買い仕掛けポイント
日足ボリンジャーバンドのセンターラインは中長期の新規売り仕掛けポイント

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic170824-7.gif


今回も材料が相場を動かすというより相場に合わせて材料がでてきた感があります。

今まで軽視され、あまり相場に影響を与えてこなった北朝鮮の問題が急に問題が拡大して、相場に大きく影響を与えたり、トランプ大統領の発言が、今まで以上に相場に影響を与えたり相場の動きに合わせたように材料が出てくるものです。

投資で利益を得るには、このような投資の本質を知ることが大切です。

・ローリスク・ハイリターンを狙うため
・投資の本質を知り
・正しいマインドセットを身に付けることが
投資の王道です。

これらを身に付けるためのセミナーを開催しますので、どうぞご参加ください。

■投資の王道セミナー2017年9月16日(土)東京
http://www.eagle-fly.com/se/ef/170916/


激動の時代は知恵を使わない人から、知恵を使って準備をしている人に富が移動します。

この記事は新イーグルフライから抜粋・編集・加筆したものでイーグルビューとして連続した記事にはなっておりません。
2017年8月11日
dotline
企業型確定拠出年金(DC 401K)個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の
運用商品・銘柄のスイッチング・配分変更・運用指図のアドバイスを
新イーグルフライ(メルマガ+掲示板)で開始しました。

確定拠出年金のスイッチングや配分変更は、今まで株式投資等をやってない人や
投資に興味がない人にも、運用を迫られることになりながら実務的な運用アドバイスが無いことから
全く手付かずの人が多数というのが現実です。

新イーグルフライでは、10年以上、その時々で一番利益になる相場を推奨していた実績を元に、
確定拠出年金(DC)のスイッチングや配分変更用に
これまで投資などをしたことがない方にもわかりやすく丁寧に運用アドバイスします。
 

■確定拠出年金の実態

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)が開始して、投資に明るい人も加入されてきましたが、
基本的に確定拠出年金の加入者は、投資・相場に明るくない人がほとんどであり
スチッチングや配分変更に戸惑っているようです。

日本では一般的に積極的に投資を行っている人が少ない中
多くの企業が確定給付年金から確定拠出年金に移行したため
社員は突然、自己責任でその時々の相場に合わせ、
自分で運用先を選択(スイッチング)することになったからです。

当然のことながら、ほとんどの組合員は運用のスキルがなく
助言者もいないため大損したり、何もせず放置したままで運用ができていません。

雇用側(会社)は運用責任を負わないため、組合員が全リスクを負う制度です。

①運用の助言ができるのは財務局登録業者だけ

お金に関するアドバイスは通常FP(ファイナンシャル・プランナー)の仕事になりますが、
投資運用のアドバイスには財務局への「投資助言・代理業」登録業者である必要があります。

ほとんどのFPは「投資助言・代理業」ではなく、実際の運用のアドバイスをするスキルも資格もありません。

エフピーネット株式会社は投資助言業者の中でも有数の顧客契約数を誇り、為替から始まり10年以上、
投資助言をしてきた実績があります。

②運用のプロでも運用先選択(スイッチング)が苦手

一般的に、日本の運用のプロは、株・債券・商品(金・銀・原油・穀物)・為替などに
専門が分かれているため「株は分かるが、為替も商品も分からない」という状態です。

エフピーネット株式会社では、10年以上、為替・株・商品・債券など全分野で、
その時々に一番ふさわしい投資先を助言してきた実績があります。

ローリスク・ハイリターンを狙うためには、その時々に一番利益になる相場で取引をすることが重要だからです。

③ポートフォリオに意味がなくなっている時代です。

昔は、ポートフォリオが有効な時もありましたが
現在、ほとんど全ての相場が連動する中、ポートフォリオが通用しなくなっている時代です。

株も下げ、債券も下げるということが当たり前にありますので
ますますスイッチングの重要度は上がっています。

④お客様の立場でアドバイスします

一般に投資・金融分野は怖いイメージがあります。

エフピーネット株式会社は、FP・ライフプランは勿論のこと、資産防衛という視点で、
リアルタイムに具体的な運用の助言(アドバイス)と、投資教育をしてきた老舗です。

一般的にFPは中立公正といわれますが、中立公正ではなく、顧客の立場でアドバイスしています。

インターネット活用の先駆者として、大規模・低価格・高付加価値を実現していると自負しています。

助言業者として情報提供と教育だけを業とするため、お金を預かったり、投資商品等の販売等は一切行っておりません。

助言者である松島修はFPの最上資格であるCFP保有者であり、CFP問題作成委員を務めてきました。

新イーグルフライ http://www.eagle-fly.com/mm/ 
最新トピックス
最新トピックス
FXブログカテゴリー
月別アーカイブ
rss
FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.