資産防衛・FX外国為替証拠金ブログ、奥が深いけど分かりやすい! 気軽にFXのスキルアップ
イーグルビューFX 外国為替証拠金取引ブログ
Home
無料メールマガジン登録はこちら
書籍情報


王様マインドと奴隷マインド
著者:松島修
サンマーク出版

最新の資産防衛術は聖書に隠されていた
最新の資産防衛術は聖書に隠されていた
著者:松島修
扶桑社 刊

FPnetサービス一覧
FPnetWORLD
おすすめFX会社・本
無料FXメルマガ・レポート
3分間FXブログ筆者
松島修
松島修 1960年東京生
資産のコンサルタント会社
エフピーネット株式会社
代表取締役

真の投資家とも呼ばれ、自ら、日本株・海外株・商品先物・国債先物・株式先物・日経225オプション取引・金(ゴールド)・金鉱山株・米国ナスダックダイレクトトレーディング、FX外国為替証拠金取引等
その時々に一番美味しい投資をしてきた実務家・実践家。

コンサル歴22年
エフピーネット株式会社18期目

CFPサーティファイドファイナンシャルプランナー
(FPの最高資格)保有
元CFP試験問題作成委員

1996年 日本のFPで最初のホームページ作成
www.fpnet.com
FXブログリンク集
2018年7月23日
dotline
ドル/円は112.5円を仕掛けポイントを上抜けてから下落しました。

タイミング的には、だいたい合っていたので少し残念。

売っている人は売値下にストップ移動です。

短期の方は利益確定。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
https://www.pro-fx.info/ef/pic180722-1.gif


日経225は売り仕掛けポイントである23000円近辺から下落していています。

売っている人は売値下にストップ移動です。

23000円は強い抵抗ラインなので、
売り仕掛けポイントであり
上抜けると買い仕掛けポイントとなります。

日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
https://www.pro-fx.info/ef/pic180722-4.gif


現在、バブルの力が弱ってきている感があります。

夏休み前は、短期筋はポジションをクローズするので
株は下落することが多いです。


自由貿易を推進してきた米国が、強烈に保護主義に走り
社会主義の中国が自由貿易を主張して反発するという
興味深い現象が起きています。

時代の大きな分岐点に位置していると感じさせます。

米国は、今までの軍産複合体や金融主導型から脱却し
変革しようとしています。

中国は、米国から覇権国の地位を奪おうとアクセルを踏んできています。

個人的には(孫氏の兵法的といいう意味で)中国の思考は
覇権国には相応しくないと思っています。

そもそも独裁化している国は覇権国には、一番相応しくありません。

日本が覇権国になると主張している人もいます。

今後、覇権国という概念は希薄化していくのかもしれません。


個人的には、日本が覇権国になるかは分かりませんが
日本は世界を変えていく新しい文化の中心になると思っています。


ハリウッド映画の監督たちは、もうハリウッド映画は終わりだと思っているようです。

確かに、焼き直しや、バットマン対スーパーマンのようにヒーロー対決させたり
アベンジャーズのようにヒーローを集めて人気を取ろうとするのは末期症状です。

知人がハリウッド映画の監督たちから

これから文化の中心はアジアであり、

アジアの文化の中心は日本だ

と言われたそうです。


先日、別の知人が中国のシンセンに行って、その先端的システムを見て
日本はシンセンに追いつけないと感じたそうです。

シンセンの人たちも、自分たちは日本を越えていると思っていますが
シンセンの人に、日本人に負けるものはあるのかと聞いてみると

「日本には創造力ではかなわない」

と言ったそうです。

確かに、最近、思考力・応用力・発想力がない人が増えている一方
飛びぬけた才能を発揮するような人も増えており、
二極化が進んでいると思います。


日本は創造力・発信力・応用力などを強化していくことで、

文化の覇権国になっていくのでしょう。

そして、私たち一人ひとりがその意識を持つことが大切だと思います。

・・・続く


以上


本記事は、新イーグルフライ http://www.eagle-fly.com/mm/
から大幅に抜粋・編集した記事なので、連続していません。

無料メルマガイーグルビュー
「投資・トレードで100億円達成の秘訣特別レポート」無料プレゼント
http://www.pro-fx.info/mailmaga.html
最新トピックス
最新トピックス
FXブログカテゴリー
月別アーカイブ
rss
FPnet.com
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.